抱きしめて、神様!

奇跡講座の話とかします。絵も描きます。

イラッ!をゆるす

DVDを借りていたのだけれど

 

どうやら1週間延滞してたみたいで、

 

なぜか

 

近所の区役所と

 

中央のセンターから、

 

最初の電話が来て

 

どういうわけか電話がまた4時間後に来て、、となって

 

両方親がとってしまったので

 

めっちゃキレてきた。

 

母はこういうのが大嫌いなのである。

 

「早く返しなさい!正しいのはどっち!?」とヒステリーを起こす母に

 

「自分がイヤなだけでしょ」とキレるわたし、、

 

そう、母は昔から「恥をかくこと」が大嫌いで

「正しいこと」が大好きなので

 

「正しさ」を守らない人を見ると

 

強烈に攻撃してくる。

 

母も2回かけてくる図書館のマヌケもマジで死んだらいいのに、、

 

だいたいメールもすっとばして

 

なんで2回かけてくるんだ、、?

 

バカじゃないのか、、

 

多分情報を連携してなくて、連絡済みということがうまく伝わってなかったのだろう、、

 

こういういろんな思考や

 

強烈な殺意をゆだねていく。

 

ただ、過ぎるにまかせる。

 

「こんなことを考えちゃダメだ」と抑えると逆効果なのだ。

 

そうしているうちに

 

「自分の安らぎを攻撃したい」という

 

「わたし自身」の激しい不安を感じた。

 

母の激しい不安はわたしの不安でもあったのだ、、

 

安らぎがすぐぶち壊される

 

わたしに安らぎなどないんだ、、

 

そういう呪いのような思考をゆだねていく。

 

そうしてるうちに平静な気持ちになってきた。

 

しかし、

 

他人にウンコを投げてすっきりする

他責型の母と

 

ひたすらウンコをためる自責型のわたしだと

 

だいぶ違うんだなーと思う。

 

というか、

 

自責型といえどこうして「他人にウンコ投げつけさせる」という

 

隠れた「他責」があるし

 

他責型も、よおおく聞くと、自分を攻撃する言葉が多い。

 

自分への見えない攻撃に反撃する形でウンコを投げるのかもしれない。

 

結局どちらも、殺意の表れにすぎない。

 

両方一緒なのだ。

 

そうしているうちに

 

なんだか、エゴが小さな子供に見えて来て

 

ギャンギャンうるさい母も

 

図書館の人も

 

なんだか幼稚園の子がしていることのような気がして、ゆるしてしまえる気になって来た、、

 

なにこれ不思議、、

 

とにかく、図書館に行ってくる。

 

 

 

ていうか

 

こっち引っ越してから、

 

もう1人も見ないだろう、、という割と悲痛な決心で←笑

 

今勇気出してアクセス観たら、、

 

け、け、結構きてんじゃーん!:(;゙゚'ω゚'):

 

前のアメブロとそんなに変わらないくらいきてる。

 

みんなありがとおーっ。

 

やっぱり、誰かが見てくれるって張り合いがあるなあ。

 

ここに日記みたいに書いている気持ちで

 

わたしはすごーく人の目が気になるので

 

もう、、

 

「自分のニーズに合わせて!」とか、マジ、もう、プチパニック。ワニワニパニック。笑

 

だってオレ書きたいの

コースのことだもーんっ!笑

 

ほんとは、イエス、マリア様、奇跡講座!!ってシャウトしたいくらい好きなんだもん!そのわりに浮気するけど笑

 

みんな願望実現のほうが好きでしょ?

 

引き寄せのほうが好きでしょ?

 

いじいじ(なんやねん)

 

とか思ってたけど、

 

あ、まさに、これが「わたしのほんとのニーズ」じゃん。

 

わたしもまさに

 

奇跡起こせたら楽しそう!

 

願望叶えたい!

 

お金もちになりたい!

 

あれもこれもやりたいな!

 

って動機で、忘れもしない、

 

北千住のルミネにあった

ナチュスピ版の

奇跡講座を開いたのが始まり。

 

そして野方の図書館で奇跡講座を見つけて

 

必死で住民票を移して

 

貸出券を作り読みまくり

 

その中で、中央アート出版から出てる

 

JACIMが監修した奇跡講座というものがあるのを知り

 

札幌に帰りなさいと渡されたお金で

 

八重洲ブックセンター

 

奇跡講座を買い(おじさんほんとごめん:(;゙゚'ω゚')::(;゙゚'ω゚')::(;゙゚'ω゚'):)

 

それを今までずーっと、

 

ホームレスの時も

 

バックパックの中に

大切に入れて持ち帰り

 

ずーっと持っている。

 

横浜の満喫に寝泊まりした時も

 

根津の森で寝た時も

 

日比谷公園で寝た時も

 

肌身離さなかった。

 

 

f:id:manikohappiness:20170625121356j:imagef:id:manikohappiness:20170625121358j:image

 

(あら、2枚はらさった、。)

 

 わたしは、特に本については

 

欲しいといったら必ず手に入れる執拗さがあって、

 

ほとんど執念に近い。

 

多分知識欲が強いのだ。

 

あの状況の中で

 

大した危ない目にもあわず

 

みんなの助けを借りて

 

無事札幌に帰れたのは、

 

ネガティヴな考えを一切排除して

 

ただテキストを読み進めるのを

 

自分のやることにしていたから。

 

住所不定だと法律で、

派遣の仕事もできない。

 

風俗にいく勇気もない。

 

わたしはひたすらテキストを読んで

 

寝泊まりする満喫で、ワークブックを掲載してるサイトを見つけて

 

ワークをしたりしていた。

 

 

感情を大切にしようという言葉があるが、

 

みんな、本当に血管が切れるほど怒ったり

 

なげき悲しんだり

 

嫉妬で気が狂いそうになったり

 

「したい」のだろうか?

 

それについて正直に答えれば

 

「嫌だ、わたしはいつも平和で、喜んでいたい」というのが

 

飾らない本音じゃないだろうか?

 

そうなる、のは、「さておいて」、である。

 

「のぞみ」は、何なのだろうか?

 

ビンボーである。

「さておいて」、なにが「のぞみ」なのだろうか?

 

嫌いな人だらけだ。仲良くできない。

わかった。それは「さておいて」

なにが「のぞみ」なのだろうか?

 

喜怒哀楽が激しい。

わかった。それは「さておいて」

なにが「のぞみ」なのだろうか。

 

エイブラハムは、

 

「源(sourse)」の思考は決して変わらない

 

その、「源の思考」と

「わたしの思考」が

 

どれだけ一致し、調和してるか。

 

それが感情というバロメーターである

 

と言ったのだ。

 

感情はバロメーターである。

 

しかし、

 

ガソリン0メーターや

ガソリン10メーターを

慈しむのか?笑

 

みんな騙されている。

 

感情はバロメーターなのだ。

感情に振り回されることを「生きる」こととカンチガイしている。

 

無感情になれと言っているのではない。

 

その原因となる「自分の思考の不一致」まで思いを馳せているだろうか?

 

エイブラハムが言うことは

 

あなたと神の思考は合っているか

そのバロメーターが感情だと言うことである。

 

ちなみに、、、、

 

この捉え方は、かなり高度である。

 

わたしが心屋や子宮メソッドに出会って

 

感情を抑圧しなくていい

 

と実践して、わかるようになり、

 

そこから

 

よりエイブラハムの考えが理解できるようになった。

 

つまり

 

感情をバロメーターとして捉えるには

 

感情への激しい思い入れを捨てなくてはいけない。

 

自分で思うより、

 

ずっとずっとずっと、

 

わたしたちは、感情に思い入れがあり、

 

感情に執着し、

 

これこそ我!と思っている。

 

しかし実際には

 

喜びを恐れている。

 

ずっと喜べるのだとしたらどうしますか?

と問うと

 

自我は全力で抵抗する。

 

そんなものは人間じゃない

 

そんなものは喜びじゃない

 

と考える。

 

しかし、今まで本当に「生きて」いたのだろうか!?

 

本当に生きるということを

 

知っているのか

 

と言われれば

 

それは

 

「今までそうしてきたから、、」という

 

自信なさげな答えになるのではないだろうか。

 

しかし、

 

とにかく

 

やりつくす

 

ということが大切な気がする。

 

願望を実現したいならそうしていい。

 

喜怒哀楽を思いっきり味わい、

 

快楽を追求し

 

ジェットコースターのように楽しんだらいい。

 

そして

 

何かに行き詰まった時、

 

また門を叩けばいいのだ。

 

 

 

ゆうべすごくショックなことがあって

 

そのまま、小学校時代にずっと虐められてたことをまだぜーんぜんゆるしてない

 

みんな火炙りになってしね!

 

くらい、ものすごいおこりまくってるのを気づいて

 

号泣しながら寝たら

 

まったく寝れなくて

 

下半身丸出しの変な夢とか見た、、笑

 

下半身丸出ししてるのに、

 

なんか新しい家具をおっさんたちがニコニコ運んでくれる

 

変な夢だった。笑 

 

おとといから、

 

「お金があろうがなかろうが、とにかくエネルギーを循環させるのが

エネルギーセックスなんだなー歓びなんだなー」

 

と気づいて、やってみてから

 

宝くじがニアミスしたり

 

子供にじーっとみられたり

 

とにかく親切にしてもらえる。

 

そうしてると

 

「空間」が「わたし」なんだなーと思えてきた。

 

ずっとこの体までがわたしだと思ってきたけど、

 

行き交う人も画像みたいで、

 

嘘っぱちで

 

空間全体がゆらゆらたゆたってるひとつの空間みたいに感じて

 

すごくほっとする。

 

家でもできんじゃね?と思ったらやっぱりできる。

 

なんか、嫌なこと、イラっとすることを

 

どんどん明け渡していくにつれ

ほんとに、デヴィットの

「ゆるしは簡単」が「そうだなあ」と思えてくる。

 

だって、これ、批判を恐れず言えば

「わたしの」夢なんだから、、、

 

夢と言っても、突然来る親戚とはあいさつしなきゃだし笑

 

他にもいろいろそれはそれとして、やることはある。

 

でもまた、それはそれとして、

 

これは夢なのだ。

 

ゆうべ、全然別件なんだけど、

 

友達から「ありがとう」というメッセージが届いて

 

さすがに弱ったので

 

とても嬉しかった。

 

こんなに寝不足だけど二度寝しても眠いひとなので

 

普通に仕事に行ったけど

 

◯ に 十 のマークの、ピカピカのトラックが前にいて

 

トラックのウインカーと

 

わたしの車のウインカーが

 

ちょうどよく、カチカチ、カチカチ、と互い違いにリズムを刻んで

 

面白くて、なんだか慰められた。

 

エスからのメッセージに感じた。

 

「おまえのことを、こうして歩調を合わせていつも見ているよ」という、、 

 

前に宝くじ売り場で「見て見なさい」という声がした時

 

それは優しくてそして、笑っているような感じだった。

 

そしてオルガンの讃美歌のように

 

何層かのハーモニーとして聞こえた。

 

だからわたしは脅かすようなことや

 

自我を煽るようなヨイショをするようなことは

 

高位のスピリットはしないと思ってる。

 

今日はちょっとアメブロに戻りたくなった笑

 

なんだかさみしくなったのだ。

 

そういうのも、家路を戻り始めた

通常反応なのかもしれない。

 

もちろん願望実現にたらたら未練はあって、、笑

 

f:id:manikohappiness:20170624235520j:image

 

なみちゃんの本まだ手元に残ってるし笑

 

 でも、時折

 

この、空間に満ちて、喜びをわかちあってるいい気分が正気で

 

今までがひょっとして おかしかったんじゃ、、

 

とすら思う。

 

f:id:manikohappiness:20170624235518j:image

 

今日は龍がいた気がする。

 

f:id:manikohappiness:20170624235721j:image

 

あ!そうそう!

 

ある支払いのことを考えてたら

 

うちにある、ばあちゃんの形見の指輪が

 

「めっちゃ」デカくなったかんじの「指輪」が、なんと 目の前に二つあった!

 

(もうひとつ銀にクリスタルのやつがあったけど、撮り忘れ)

 

また、それを心配するたびに

 

「二羽の」カラスにおどかされ、、

 

果ては、向かいから「強烈なサーチライト」を浴びせかける

 

「金と銀」の二台の車が!笑笑

 

わかったよ、、もうー!わかりましたよ!

 

「心配するな、コラァ!」ってかんじだった、、笑

 

22は「願いはもうすぐ叶うから心配するな!」という知らせらしい。

 

確かに

 

あれだけ男性への激しいトラウマの記憶を延々と見せられたら

 

「あ、多分お金のゆるしをやってるんだな、、」と思ったけど、、笑

 

オポノポノで、ヒューレン博士は

 

「お金の問題は、女性の男性への恨みの記憶が原因になってます」

 

と、言った。

 

インスピレーション第一の博士の言葉なので疑いはしなかったが、

 

やっと納得した。

 

お金とは、まさにセックスだ。

 

セックスの、まさにピュアなエネルギー領域、エネルギーの循環なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

あまやんのお花

めぐさんのブログや

 

ハルモニアチームのブログで

 

ちらり、ちらりと気になっていた

 

あまやんのお花を、ついにお願いしてみた。

 

https://ameblo.jp/cocoronihanawo59/

 

あまやんは仙台に住む、(今のところ)

無店舗のお花屋さんだ。

 

正直、

 

みんながあまやんのお花を褒めるのを

 

やきもきした気持ちで見ていた。

 

(さっき書いた「わたしもわかってよー!」状態だったのだが、、)

 

しかし、

 

あまりに美しいのと

 

何よりあまやんがどう見ても邪気のない

かわいらしい女の人で

 

記事にも邪気がなく

 

ただお花を愛しているのがよくわかったので

 

思い切った。

 

あとで、なぜこのタイミングだったのかな?と思ったが、

 

あまやんのお花がついたのは

 

夏至だった。

 

なぜか送る時にこうなり、一日ずれたらしい。

 

かえって嬉しいのに、おわびにと可愛いバラをおまけでつけてくれた。

 

ていうか、どー考えても、3500円の花束じゃないよっっ、あまやん、気持ちが豊かがすぎるよ、、!!

 

f:id:manikohappiness:20170623121748j:imagef:id:manikohappiness:20170623121757j:imagef:id:manikohappiness:20170623121808j:imagef:id:manikohappiness:20170623121818j:image

 

とにかく隙間から出てくる、出てくる、、!!笑

 

そしてお花の包み方がとてもセンシティブというか、エロティシズムすら感じる清楚な美しさ。

 

すげー繊細だ。

 

やりとりの中であまやんが何回か電話をかけてくれたが、そういう繊細さゆえだとわかった。

 

そしてあまやんはちょっと面白い。

 

だいたい、ガサガサうるさい薄紙じゃなく

 

ちゃんと、うすい白の油紙を、茶色のざらざらした、パン止めにつかう針金で止めているのだ。

 

フランスっぽい。

 

とにかくもう声からしていい人である。

 

f:id:manikohappiness:20170623122229j:image

 

シャクヤクは散ってもドラマティック。

 

ピンクドクターというやつらしい。

 

エロい。笑

 

どういうわけか、あまやんのお花が来るときだけ、札幌は肌寒く、お花にはいいコンディションだった気がする。

 

(温度変化が気になるので、クールではなく普通便で送るのだそうだ。)

 

少し前に

 

「自分用に、花束がほしい。

 

よくがんばったとねぎらいたい」

 

と感じた。

 

そのあとは放っておいたのだが

 

「なぜか」手が、あまやんのお花を頼んだのだ。

 

ちゃんと願いが通じていたのだと思う。

 

f:id:manikohappiness:20170623122629j:image

 

というか、

 

この間みた「ピンクと黄色の、バラの花束みたいな咲き方のバラ

 

とも

 

色一致するじゃん!:(;゙゚'ω゚'):

 

ヒィィー!笑

 

あまりに色合いが美しくドラマティックなので

 

分けて生ける気にならない。

 

とにかく、このドラマティックさをしばらく楽しもうと思う。

 

 

 

 

 

お母さんにモラハラ。の、真意。

http://k-nali.hatenablog.com/entry/2017/06/23/060021

 

ナリくんのこの記事見て

 

気づいたけどさ、、

 

なんかひっかかる事言われて、

 

それがナリくんのこの記事見て

 

「お母さん!こっち見て!」

 

て言われてるからだ

 

ってことに気づいた。:(;゙゚'ω゚'):

 

もちろんわたしの隠し子とかじゃない。笑

 

で、、

 

「これは、わたしの心の中で起きてることなんだから

 

わたしが、、、

 

お母さんへの復讐のために、

 

わかってよーーーわかってよーーーわかってよーーーわかってよーーーわかってよーーーわかってよーーーわかってよーーーわかってよーーーわかってよーーーわかってよーーーなんみょうほうれん、わかってよーーー(お経か!)

 

って言いたいがために、、、

 

ダメなわたし、になって、、

 

ほーらあんたのせいでこんなになっちゃった。

 

ってなってるんだな、、

まだ

 

無意識にはこんな自爆テロみたいなのがあるんだなーって、、

 

ぞぞぞっとした。

 

てかさー、、

 

「お母さんにわかってほしい」

「お母さんに復讐してやる!」

って言ったらなんかさ、カレンで愛らしいけどさ、、

 

これが

「妻にわかってほしい」

「妻に復讐してやる!」

 

だったら

 

とんだモラハラ:(;゙゚'ω゚'):

 

つまり

 

お母さんにモラハラ。笑笑笑

 

主語お母さんだとわかりづらいけど、変えたらわかる。モラハラ。笑笑

 

無限の甘え。

 

無限の住人

 

瞳の住人。(hihi7)

 

わかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってわかってMGYYYYYYYYYYYYーーー!!!

 

って感じ。

 

第3部。

 

(yes.yes.yes!oh my god)

 

イライラしてるから、イライラハラスメント。笑笑

 

f:id:manikohappiness:20170623110136j:image

 

f:id:manikohappiness:20170623110139j:image

 

 

こんなにイライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライライラライラライラ ライラライラライラライラーってしてたらさ(途中からサイモンとガーファンクルやろ)

 

そりゃ

 

やりたいことやらんわ。笑

 

頭の中やかましすぎ。笑笑

 

f:id:manikohappiness:20170623110641j:image

 

聖霊にゆだねると

 

「わかってほしいー」って 駄々っ子のようになってる自我が

 

消えていく。

 

ほんとは、、「神」という、永遠の「親」に、わかってほしいのだ。

 

わかってほしいとは

 

復讐と

 

その下にある、神への熱い愛な気がする。

 

デヴィッドは、「異性あるいは同性を求める時、そこに神を求めている」

 

と言った。

 

わたしが、こんなに変わってしまったことを見てよ!

 

わたしがあなたと違うことをわかってよ!

 

受け入れてよ!

 

と、自我は必死であがきながら

 

神が、永遠に自我を知らないことを

 

自分が拒絶されていると感じて

 

復讐に燃えている。

 

理解されたい、というコミュニケーションへの願望と

 

殺したい、という復讐が

 

激しく葛藤する。

 

葛藤の地獄であがく自我。

 

その、

 

理解されたいから、惨めな自分をつくり

 

惨めなまま、幸せになりたいと

 

不可能な願望をいだいている。

 

f:id:manikohappiness:20170623111841j:image

 

禊ちゃんは自分に嘘をついてない感じが好ましい。

 

理解されたいというのは

 

自我の必死の喘ぎなのだ。

 

だって神の子は最初から完璧に

神に理解されているのだから、、

 

そして

 

復讐をすることで

 

実は自分自身を罰し、もっと強大な罪悪感から逃げようとする

 

怪しい動きがある。

 

復讐とは、無意識への無意味なパフォーマンス、

 

意味のないガラクタを崇めるのと変わりない。

 

ほんと、

 

聖霊コーチがガツンと入るようになってから

 

「はい、今日はこれね」と

 

さっさっと目の前に議題がでる。笑笑

 

はい、ゆるします、ゆるしますとも、、笑笑

 

誤解のないように言っておくが

 

わたしの罪悪感を癒すのであって

 

それが癒されると、どうやら

 

目の前の兄弟がどう振る舞おうとどうでもよくなる。

 

らしい。

 

昨日の

「おじちゃん臭わない事件」みたいに、、

 

あっ!これアメブロでかきわすれたあ!

 

また書ける時に書こう、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はてなめっちゃくるくるする笑

 

顔写真がひっくり返るから

 

絵にした!久しぶりのプロフィールが絵!!笑

 

f:id:manikohappiness:20170623100532j:image

 

 f:id:manikohappiness:20170623100546j:image

 

昨日のarioステキな空だったなー

 

f:id:manikohappiness:20170623100640j:image

 

あまやんのトルコキキョウはレタスみたい。

 

うん。やっぱりはてなは写真がキレイだ。

 

ドキドキ(笑)

f:id:manikohappiness:20170623100816p:image

 

昨日のハピチャンネル、ほぼノンストレスで観れた。

 

いっつもはじき出されるのに、、

 

会員じゃないけど、ほぼくるくるなし。

 

なんだか、結構見れなかった人が多いっぽいのに不思議だ。

 

ずっとゆだねながら観てたからだろうか。

 

ここにいるわたしは、

 

ハピちゃんとゆりんちゃんを可愛いと思い

 

普通ーーに接している。

 

でも意識は半分、

 

ここにハピちゃんとゆりんちゃんはいない

 

わたしさえもいない

 

分離なんか嘘だ、私たちは心の中でひとつなんだ

 

と、画像を見る感じで見てる。

 

「視線がプレッシャー」とか、よく言うけど

 

なにか思いを込める視線自体に、

「質量」が実際にある気がする。

 

実際「重い」と感じる、、思いは重い、、(笑)

 

魂に質量があるように

 

思考にも質量があるのではないだろうか?

 

それが「重力(gravity)」になるんじゃないんだろうか。

 

しかしこの状態で最後まで見るのは辛かった、、まさにブートキャップ!笑

 

エスは、奇跡講座は心の訓練だといっていたが

 

まさにある意味筋トレである。笑

 

しかし、

 

いつもの意識で一瞬みると、

 

たちまち心の中に

 

かすかな痛みが湧いてくる。

 

そして

 

「うらやましい、、」

「そんないい加減でいいのか」

 

という「思考」が、わわわ、と湧いてくる。

 

画像もくるくるし始めたので

 

あわてて意識をゆだねなおした。

 

今描いていて思ったけれど

 

湧いてくる思考というのは、そもそも伝染しているんじゃないだろうか?

 

たとえばTV電波のように、、

 

無意識にクラスと絶えず「受信」になり、

絶え間なく、どうでもいい思念、恨み、喜び、、

 

雑念が心に写り込む。

 

問題は、その、10チャンネル一度につけたようなノイズは凄まじいので

 

あたかも「わたしの考えだ!わたしの思考だ!」と信じ込んでしまうのだ。

 

(manaさんのブログにもそういう話が書かれていた気がする)

 

ただ、浮かんできた「電波」を受信してるだけなのに、、

 

そして、それをオフにする方法は

 

あまり教えられないので

 

そのまま、ノイズを自分の、わたしの、思考だ!と思い込んで一生が終わってしまうのだ。

 

これが、「ワクワクに従ってるのに、うまくいかない」という理由かも、、

 

だって、その「ワクワク」すら、クラゲみたいにフワフワ浮いてきた借り物の思考なのだから、、

 

自分の霊から送られるガイドの思考、

羅針盤ではないので、ただ翻弄されるばかりだ。

 

「思考が重たい」というのは

 

批判ではなく

 

ただの感想であり、体感だ。

 

そういう意味で、体感はかなり真実を教えるのだと思う。

 

まあ、偉そうに行ったけど、ただラッキーなだけかもしれない、、笑

 

ゆりんちゃんが(だよね?)「東京タワーと写真が撮りたい」と言ってから半年くらい?

 

やっぱり、自分のワクワクは

 

未来からの手紙になるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

うつったよ

アメブロからこっちにしてみました。

よろしくね。

 

f:id:manikohappiness:20170623091238p:image

 

うつった??